社会人なら通信講座がベスト

HOME >>  資格を取る > 超高齢化社会に必要とされる資格

超高齢化社会に必要とされる資格

超高齢化社会といわれる現在、家族に介護の必要な高齢者がいる人も増えていると思います。こんな時代にオススメの資格が介護職員初任者研修の修了資格です。
これは今まで介護の仕事に携わる人の資格だった「ヘルパー2級」が、2013年の4月に制度改正により名称と研修の内容が多少変わったものです。

 

ヘルパー2級研修では研修終了後に資格が自動的に付与されていましたが、介護職員初任者研修では修了後に試験が義務付けられるようになり、ますます正確な技術と知識を持った人材を養成するようになりました。この資格があれば、介護業界への就職が有利になります。

 

需要が多い介護業界では、慢性的な人手不足のため、未資格者の就職も可能です。しかし、資格があれば時給が上がり、収入が増えます。そこで、未資格で就職したほとんどの人が仕事をしながら資格取得を目指します。介護の仕事に就かないとしても、介護の知識、技術を身につけておくことはやがて自分自身の生活でも役に立つことが十分考えられます。

 

通信でも通学でも講座を受講できるので、時間の余裕がある時に講座を受講してみてはいかがでしょうか。